大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

大会の特徴

■ 歴史ある大会
tokucho01なよろ憲法記念ハーフマラソンは、名寄市と風連町の交流推進などを目的に、5月3日の「憲法記念日」に合わせ昭和28年「憲法記念マラソン大会」の名称で始まりました。 今年で通算66回を数え、道内でも歴史ある大会として親しまれています。
■ 道北の春を満喫できる!!
道北地方に春の到来を告げる大会です。天塩川を挟んだ堤防と河川敷を走る平坦なコースです。天塩川の雄大な景色を望みながら楽しく走れるコースです。

日本一美しい星空の街☆名寄

名寄市周辺は豊かな自然条件と盆地に位置する地形的な条件など、
国内でもトップクラスの天体観測ができる条件にあります。
空気の澄みきった名寄上空には肉眼でもはっきりと無数の星を見ることができます。

平成23年度には、北海道大学と協力協定のもと、
新天文台「きたすばる」が開館となりました。
国内最大級を誇る160cmの望遠鏡は惑星観測をメインで行い、
この研究分野では世界最大級規模となります。

ぜひこの素晴らしい星空を体験しませんか?

■なよろ市立天文台 きたすばる
■宿泊情報はこちら

名寄の星空名寄の星空
  • マイページ

こちらから当大会のエントリー履歴やレース記録を見ることができます







PAGETOP
MENU